横光利一文学会
 ■ 活動記録 90

活動の種類 年月日 場所  タイトル  本文

  「横光利一文学会 会報」 第23号 発行  -会報-
2013年 7月 24日 (水) 

B5版 24頁

内容
  • 巻頭言:オーギュスト・コント通りの横光利一 (中川成美)
  • 追悼 井上謙氏 (横光佑典、山國紀、伴悦、茂木雅夫、神谷忠孝、栗坪良樹、小田桐弘子、井上明芳、松寿敬、福田和幸、小林好明、掛野剛史、矢本浩司)
  • 第12回大会印象記 (川端和成、仁平政人、河田和子)
  • 余滴 「ラスト・ウィットネス《横光利一の心のふるさと公園・跳ね釣瓶の庭》開設一周年を迎えて」(梅田卓)
  • 余滴 「個展「REACH MODERN」と横光利一」(中島晴矢)
  • 会員の近況 (木村友彦)
  • 新刊紹介: 井上明芳著『文学表象論・序説 小林秀雄・横光利一―文学言説の境界』 (石井佑佳)
  • ゆかりの地ネットワーク: 伊賀 (福田和幸)、鶴岡 (井上明芳)、宇佐(松寿敬)
  • 新入会員からひとこと
  • 事務局だより
  • 横光利一参考文献目録 (石井佑佳・松村良)
  • 会員名簿

    *「横光利一文学会第13回研究集会予稿集」を別冊として発行

 第12回大会  -大会-
2013年 3月 23日 (土)  14:30
北海道大学

特集テーマ:〈戦後〉の横光利一 ―「夜の靴」を中心に―

◇開会の辞
    日本近代文学会北海道支部長  片山晴夫
◇研究発表
  • 韓然善   「〈故郷〉の行方 ―横光利一『夜の靴』を中心に―」
  • 大川武司  「〈敗戦〉と隔たり ―横光利一「夜の靴」論―」
  • 井上明芳  「横光利一「夜の靴」の間テクスト性 ─「夜の靴」と「微笑」を中心に─」
◇閉会の辞
    横光利一文学会代表  神谷忠孝
予稿集と当日資料
予稿集と当日資料
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子

 『横光利一研究』 第11号 発行  -機関誌-
2013年 3月 17日 (日) 

A5版 124頁

 [目次はこちら]

  「横光利一文学会 会報」 第22号 発行  -会報-
2013年 2月 7日 (木) 

B5版 14頁

内容
  • 巻頭言:横光利一研究継承の可能性 (野中潤)
  • 第12回研究集会印象記 (小林洋介、井上明芳、河田和子)
  • 川端・横光合同研究集会に寄せて (馬場重行)
  • 合評会報告 (浦田剛)
  • 新刊紹介: 鈴木貞美・李征編『上海100年 日中文化交流の場所(トポス)』 (中沢弥)
  • 自著紹介: 小林洋介『〈狂気〉と〈無意識〉のモダニズム――戦間期文学の一断面』 (小林洋介)
  • ゆかりの地ネットワーク: 伊賀 (福田和幸)、鶴岡 (井上明芳)、宇佐(松寿敬)
  • 新入会員からひとこと
  • 事務局だより
  • 横光利一参考文献目録 (石井佑佳・松村良)
  • 会員名簿

    *「横光利一文学会第12回大会予稿集」を別冊として発行

 第12回研究集会  -研究集会-
2012年 8月 25日 (土) 
二松学舎大学

特集 アヴァンギャルド×新感覚派

◇開会の辞
    川端康成学会代表  林武志
◇研究発表
司会 馬場重行 ディスカッサント 中村三春
  • 仁平政人   「「ダダ主義」と「新感覚派」のあいだ―――川端康成「新進作家の新傾向解説」再考 ―」
  • 高橋幸平    「横光利一「感覚活動」と表現主義」
  • 須藤宏明    「アヴァンギャルドとサタイヤ―『文芸時代』の合評会を中心に―」
  • 十重田裕一    「横光利一における「新感覚派」と前衛映画」
◇閉会の辞
    横光利一文学会評議員  石田仁志

  「横光利一文学会 会報」 第21号 発行  -会報-
2012年 7月 17日 (火) 

B5版 16頁

内容
  • 巻頭言:横光利一と大西巨人 (山口直孝)
  • 第11回大会印象記 (浦田剛、佐藤良一、田口律男)
  • 新刊紹介: 中村三春著『花のフラクタル 20世紀日本前衛小説研究』 (古矢篤史)
  • ゆかりの地ネットワーク: 伊賀 (福田和幸)、鶴岡 (井上明芳)、宇佐(松寿敬)
  • 会員の近況: (謝惠貞)
  • 新入会員からひとこと
  • 『横光利一研究』投稿の呼びかけ
  • 「投稿規定」の改正について
  • 事務局だより
  • 横光利一参考文献目録 (石井佑佳・松村良)
  • 会員名簿

    *「横光利一文学会第12回研究集会予稿集」を別冊として発行

 第11回大会  -大会-
2012年 3月 24日 (土)  13:30
東洋大学
◇開会の辞
    東洋大学  石田仁志

研究発表


  • 大川内夏樹 (早稲田大学大学院)  モダニズム詩人東潤の戦中・戦後――「郷土詩」の試みについて――
  • 水谷真紀 (東洋大学非常勤講師)  都市モダニズムと女性像――教育、ファッション、美――
  • 栗愛子 (九州大学大学院)  「鼠」の冑を着たアジア主義者――「上海」四三章を中心に――

講演


    渡部直己氏 (文芸評論家・早稲田大学文学学術院教授)  横光利一と小説技術――『機械』を中心に――
◇閉会の辞

  『横光利一研究』 第10号 発行  -機関誌-
2012年 3月 17日 (土) 

A5版 162頁

 [目次はこちら]

  「横光利一文学会 会報」 第20号 発行  -会報-
2012年 2月 29日 (水) 

B5版 20頁

内容
  • 巻頭言:東日本大震災と横光利一 (神谷忠孝)
  • 第10回大会印象記 (舘下徹志、芳賀祥子、日置俊次、位田将司)
  • 合評会報告 (黒田大河)
  • 余滴: 「川端康成とモダニズム」という視座 (仁平政人)
  • 新刊紹介: 栗坪良樹著『荒野より』 (渋谷香織)
  • ゆかりの地ネットワーク: 伊賀からの報告 (福田和幸)、鶴岡からの報告 (井上明芳)、宇佐からの報告(松寿敬)
  • 会員の近況: (劉妍)
  • 新入会員からひとこと
  • 事務局だより
  • 『横光利一研究』投稿規定
  • 横光利一参考文献目録 (石井佑佳・松村良)


    *「横光利一文学会第11回大会予稿集」を別冊として発行

 第10回大会  -大会-
2011年 8月 27日 (土)  10:00
二松学舎大学 九段キャンパス1号館 1103会議室
◇開会の辞
    二松学舎大学  山口直孝

第1部 研究発表

司会 : 野中 潤・古矢篤史
  • 佐藤良一 (青山学院大学大学院)  横光利一「感想集」「夜の靴ノート」「夜の靴」における比較考察――度重なる断層――
  • 浦田剛 (立教大学大学院)  横光利一「持病と弾丸(「或る長篇」の第四篇)」――推敲・改稿過程をめぐる考察――

運営委員会/評議員会

総会

午後1時半より

第2部 横光利一研究の現在と課題

司会 : 松村 良・山本亮介
  • 掛野剛史  伝記研究の領域
  • 島村健司  メディア研究の領域
  • 石田仁志  ジェンダー研究の領域
  • 田口律男  モダニズム研究の領域
  • 黒田大河  ポストコロニアル・ナショナリズム研究の領域
  • 杣谷英紀  レトリック・表現研究の領域        

全体討議

◇閉会の辞
    横光利一文学会新代表

 「横光利一文学会 会報」 第19号 発行  -会報-
2011年 7月 22日   

B5版 12頁

内容
  • 巻頭言:震災と若き横光 (松村良)
  • 追悼 玉村周氏 (神谷忠孝、柳沢孝子、佐藤健一、十重田裕一、福田和幸、渋谷香織、山本亮介、掛野剛史)
  • ゆかりの地ネットワーク: 伊賀からの報告 (福田和幸)、宇佐からの報告(松寿敬)
  • 新入会員からのひと言
  • 事務局だより
  • 横光利一参考文献目録 (石井佑佳・松村良)
  • 会員名簿



 『横光利一研究』 第9号 発行  -機関誌-
2011年 3月 17日 (木) 

A5版 178頁

 [目次はこちら]

 「横光利一文学会 会報」 第18号 発行  -会報-
2011年 2月 28日   

B5版 16頁

内容
  • 巻頭言:時代は放蕩した (中村三春)
  • 第11回研究集会印象記 (野坂昭雄、山崎義光)
  • 文学散歩印象記 (小林洋介)
  • 合評会報告 (黒田大河)
  • 余滴: 横光顕利のことなど (松岡ひでたか)
  • 新資料紹介: 定本横光利一全集未収録作品「フランスの絵」 (古矢篤史)
  • ゆかりの地ネットワーク: 伊賀からの報告 (福田和幸)、鶴岡からの報告 (井上明芳)、宇佐からの報告(松寿敬)
  • 事務局だより
  • 横光利一参考文献目録 (玉村周・松村良)
  • 『横光利一研究』投稿規定
  • アナウンス


    *「横光利一文学会第10回大会予稿集」を別冊として発行

 『横光利一研究』 第8号 合評会  -合評会-
2010年 9月 26日 (日)  12:30-17:00
龍谷大学大宮学舎 南黌101教室
【第一部】
  • 河田和子「〈上海もの〉と五・三〇事件―横光利一の『上海』とその周縁―」 (レポーター:田口律男)
  • 田口律男・石田仁志「【研究ノート】『上海』の典拠(プレテクスト)―『邦人紡績罷業事件と五卅事件及各地の動揺 第一輯』」 (レポーター:河田和子)
  • 重松恵美「【資料紹介】島村嘉一の教育関係論文および翻訳について(一)」 (レポーター:杣谷英紀)
【第二部】
  • 河田和子『戦時下の文学と〈日本的なもの〉―横光利一と保田輿重郎―』(花書院、2009.3) (レポーター:〈前半〉黒田大河、〈後半〉野坂昭雄)

 第11回研究集会 日本近代文学会・北海道支部との合同開催  -研究集会-
2010年 8月 28日 (土)  13:30
北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟(W棟) W409会議室

特集 : モダニズムのボーダー

◇開会の辞
    日本近代文学会北海道支部長  片山晴夫
◇研究発表
  • 芳賀祥子 (お茶の水女子大学大学院)  「不行儀」の行方――横光テクストにおける恋愛とモダニズム
  • 韓然善 (北海道大学大学院)  <音>をめぐる係争――横光利一の「罌粟の中」を中心に
  • 舘下徹志 (釧路工業高等専門学校)  『旅愁』における〈非合理〉の他者
◇講演
  • 神谷忠孝 (北海道文教大学)  横光利一の故郷意識―「梶」と「矢代」をめぐって―
◇閉会の辞
    横光利一文学会代表  茂木雅夫
北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟
北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟
予稿集と当日資料
予稿集と当日資料
会場の様子
会場の様子
フリーマーケットの様子
フリーマーケットの様子

  「横光利一文学会 会報」 第17号 発行  -会報-
2010年 7月 31日   

B5版 20頁

内容
  • 巻頭言:なまなましい感触 (田口律男)
  • 第9回大会印象記 (杣谷英紀、石井佑佳、和泉司)
  • 余滴: タカラヅカの中の横光利一『上海』 (掛野剛史)
  • ゆかりの地ネットワーク: 伊賀 (福田和幸)、鶴岡(井上明芳)、宇佐(松寿敬)
  • 新入会員からのひとこと
  • ゆかりの地ネットワーク: (伊賀)第12回「『雪解』のつどい」 (福田和幸)、鶴岡(井上明芳)
  • 事務局だより
  • 横光利一参考文献目録 (玉村周・松村良)


    *「横光利一文学会第11回研究集会予稿集」を別冊として発行

 『横光利一研究』 第8号 発行  -機関誌-
2010年 6月 30日 (水) 

A5版 72頁

 [目次はこちら]

 第9回大会  -大会-
2010年 3月 27日 (土)  13:30-17:30
日本大学商学部
◇研究発表
  • 伊東佳朗 (東海大学大学院)  横光利一『上海』論―「通貨の戦ひ」を視座に―
  • 位田将司 (早稲田大学大学院)  横光利一「日輪」の構想力―「形式主義」を予告する―
  • 副田賢二 (防衛大学校)  現象としての「芥川龍之介」と横光利一 ―一九二〇年代の文学的ダイナミズムの一環として―
◇講演
  • 藤田三男 (編集者)  幻の『横光利一全集』
日本大学商学部
日本大学商学部
予稿集と当日資料
予稿集と当日資料
会場風景
会場風景

 「横光利一文学会 会報」 第16号 発行  -会報-
2009年 12月 12日   

B5版 16頁

内容
  • 巻頭言:「紋章」の中の清元 (柳沢孝子)
  • 第10回研究集会印象記 (川畑和成、野末明、仁平政人)
  • 古今相照 「旅愁」論の余白に ―芭蕉の仏訳句集とホイジンガ (千葉宣一)
  • トランス・ナショナル通信: 砂塵の中の上海 (中沢弥)
  • 余滴: 菊池寛と横光利一とのあいだ (二瓶浩明)
  • 新刊紹介: 井上謙・掛野剛史・井上明芳編『横光利一 歐洲との出会い ―『歐洲紀行』から『旅愁』へ』 (古矢篤史)、 河田和子『戦時下の文学と〈日本的なもの〉 ―横光利一と保田與重郎』 (田口律男)
  • ゆかりの地ネットワーク: (伊賀)第12回「『雪解』のつどい」 (福田和幸)、鶴岡(井上明芳)
  • 事務局だより
  • 横光利一参考文献目録 (玉村周・松村良)


    *「横光利一文学会第9回大会予稿集」を別冊として発行

 第10回研究集会 川端文学研究会との合同研究会  -研究集会-
2009年 8月 29日 (土)  13:30-18:00
東洋大学白山キャンパス

特集: 横光利一と川端康成―『文芸時代』創刊まで―

◇研究発表
  • 福田淳子  川端康成における文学活動始動期の考察―菊池寛との関係を中心に―
  • 片山倫太郎  若き日の川端における思想関連文献の受容の脈絡を探る―変態心理、神秘主義、哲学、美学等―
  • ディスカッサント(横光サイド)  黒田大河
  • 重松恵美  横光利一の西洋文学受容 ―一九一〇年代について―
  • 佐山美佳  横光利一の早稲田大学時代 ―吉田絃二郎という〈門〉を通過して―
  • ディスカッサント(川端サイド)  田村嘉勝
  • 全体討議
東洋大学白山キャンパス
東洋大学白山キャンパス
会場風景
会場風景
会場風景
会場風景

※予告でお知らせした発表の内容は、[こちら]



[▲このページのトップへ戻る]
 年間活動計画 

3月 『横光利一研究』発行
3月 大会
6月 会報発行
8月 『横光利一研究』合評会
8月 研究集会
12月 会報発行
※年度ごとに時期が前後することがあります。

 年度期間の記録 
2008年度(2008/3〜2009/2)
2007年度(2007/3〜2008/2)
2006年度(2006/3〜2007/2)
2005年度(2005/3〜2006/2)
2004年度(2004/3〜2005/2)
2003年度(2003/3〜2004/2)
2002年度(2002/4〜2003/2)
2001年度(2001/3〜2002/3)