横光利一文学会
 ■ 活動記録 93

活動の種類 年月日 場所  タイトル  本文

 『横光利一研究』 第5号 発行  -機関誌-
2007年 3月 12日   

A5版、88頁

 [目次はこちら]

 「横光利一文学会 会報」 第10号 発行  -会報-
2006年 12月 9日   

B5版 12頁

内容
  • 巻頭言「横光利一と梶井基次郎」(小田桐弘子)
  • 第7回研究集会印象記(宮口典之・若松伸哉・粟飯原匡伸)
  • 書評(渋谷香織評:玉村周著『横光利一―瞞されたもの―』、黒田大河評:田口律男著『都市テクスト論序説』)
  • 横光利一ゆかりの地ネットワーク
  • 「横光利一を読む会」活動報告(島村健司)
  • 彙報、事務局だより
  • 横光利一参考文献目録(玉村周・松村良)

 第7回研究集会  -研究集会-
2006年 9月 2日 (土)  13:00-17:00
國學院大学 渋谷キャンパス 120周年記念1号館3階

特集:教室のなかの横光利一

◇講演
  • 田中実  小説の読み方―『蝿』に触れて―
◇研究発表・討議 
  • 山崎義光  教室のなかの「蠅」と文学史のなかの「蠅」
  • 石田仁志  権力としての読書行為―「蠅」を中心に―
  • 佐藤 泉  外的読解からの転回―「蠅」の教材化の意味―
  • 司会: 田口律男

※予告でお知らせした講演・発表の内容は、[こちら]
※特集テーマについての掲示板「横光利一『蠅』についてのコメント」の記録は、[こちら]
※この研究集会のダイジェストが、2007年1月12日発売の『国文学 解釈と鑑賞』(至文堂 2007〈H19〉年2月号 pp.175-192)に掲載されています。


 『横光利一研究』 第4号 合評会  -合評会-
2006年 9月 2日 (土)  10:00-12:00
國學院大学 渋谷キャンパス 120周年記念1号館3階

 「横光利一文学会 会報」 第9号 発行  -会報-
2006年 6月 17日   

B5版 14頁

内容
  • 巻頭言「知りたいこと・知らずにいたこと」(栗坪良樹)
  • 第5回大会印象記(黒田大河・掛野剛史)
  • 資料紹介(福田和幸)
  • 横光利一ゆかりの地ネットワーク
  • 横光利一の足音を追って(松村良)
  • 新刊紹介(田口律男評:石田仁志・渋谷香織・中村三春編『横光利一の文学世界』)
  • 事務局だより、参考文献目録(玉村周・松村良)

 第5回大会  -大会-
2006年 3月 25日   
龍谷大学 深草キャンパス
◇研究発表
  • 砂澤雄一  北脇昇試論―1930年代の前衛―
  • 高橋幸平  横光利一 文体の模索―新感覚派から新心理主義へ―
  • 佐山美佳  横光利一と文壇ジャーナリズムの相関図―「深刻さ」をめぐって
  • キム・ケジャ  横光利一『旅愁』―「日本」という表象
◇総会

 『横光利一研究』 第4号 発行  -機関誌-
2006年 3月 20日   

A5版 136頁

 [目次はこちら]

 「横光利一文学会 会報」 第8号 発行  -会報-
2006年 1月 24日   

B5版 14頁

内容
  • 巻頭言「小説表現の魅力」(茂木雅夫)
  • 第6回研究集会印象記(田村嘉勝・浜田雄介・小林洋介)
  • 横光利一ゆかりの地ネットワーク(島村健司)
  • 書評・新刊紹介(日置俊次評:『保昌正夫一巻本選集』
  • 石田仁志評:野中潤『横光利一と敗戦後文学』
  • 掛野剛史評:川村湊・守屋貴嗣編著『文壇落葉集』)
  • 事務局だより
  • 参考文献目録(玉村周・松村良)

 第6回研究集会  -研究集会-
2005年 9月 10日   
東洋大学 白山キャンパス
◇講演
  • チャールズ・リチャード・カベル  欧米モーダンイズムの視点から見直した「新感覚派」
◇徹底討論「機械」
  • 山本亮介  「私」の語りは破綻し得るか?―科学・自意識・倫理―
  • 石橋紀俊  欠陥機械の可能性
  • 浦谷一弘  〈本格〉探偵小説としての「機械」の可能性
  • 島村健司  「私たち」の物語としての「機械」

  •   司会: 野中潤
◇総会

 「横光利一文学会 会報」 第7号 発行  -会報-
2005年 5月 31日   

B5版 9頁

内容
  • 巻頭言「ご挨拶にかえて―横光文学の倫理観」(山崎國紀)
  • 第4回大会印象記(砂澤雄一、岩崎洋一郎)
  • 横光利一ゆかりの地ネットワーク(福田和幸)
  • 事務局だより(石田仁志)
  • 横光利一参考文献目録(玉村周・松村良)

 『横光利一研究』 第3号 発行  -機関誌-
2005年 3月 30日   

A5版 100頁

 [目次はこちら]


 第4回大会  -大会-
2005年 3月 19日   
二松学舎大学
◇研究発表
  • 米倉強  『旅愁』―矢代の内的対話に関する考察
  • 野中潤  わだつみへの眼差し―『夜の靴』再読
◇講演
  • 糸圭(すが)秀実  前衛の二つの型―新感覚派とマルクス主義
◇総会

 「横光利一文学会 会報」 第6号 発行  -会報-
2004年 11月 26日   

B5版 15頁

内容
  • 追悼 芹澤光興氏(中川成美・柳沢孝子)
  • 横光利一と東北(神谷忠孝)
  • 新資料紹介「横光利一・全集未収録文章「墨絵」」(掛野剛史)
  • 『夜の靴』と鶴岡文学散歩(茂木雅夫)
  • 第5回研究集会印象記(重松恵美・米倉強・小野憲男)
  • 「横光利一を読む会」活動報告
  • 横光利一ゆかりの地ネットワーク(佐藤俊和・福田和幸・松寿敬)
  • 新刊紹介(松村良評:伊藤敬一『世界で最も美しい恋愛小説 『旅愁』を読む』、渋谷香織評:村上文昭『横光利一「夜の靴」の世界』)
  • 事務局だより、参考文献目録(玉村周・松村良)

 文学散歩: 『夜の靴』の舞台を歩く  -文学散歩-
2004年 9月 5日   
鶴岡

注連寺・森敦文庫〜大宝館〜日向家跡地〜湯田川温泉〜上郷コミュニティセンター(昼食)〜『夜の靴』の舞台(羽前水沢駅・文学碑・鞍乗峠・佐藤家・東源寺・由良海岸など)〜湯の浜温泉〜善宝寺〜庄内空港〜山形駅


 第5回研究集会  -研究集会-
2004年 9月 4日   
山形大学
◇研究発表
  • 山野雄大  テーマとヴァリエーション−森敦初期作品試論
  • 小林洋介  「機械」における<無意識>―「私」の内なる「見えざる機械」―
◇講演
  • 村上文昭  『夜の靴』の世界

 『横光利一研究』 第2号 合評会  -合評会-
2004年 7月 27日   
東洋大学 白山キャンパス

 「横光利一文学会 会報」 第5号 発行  -会報-
2004年 5月 20日   

B5版 14頁

内容
  • 巻頭言「今思うこと」(伴悦)
  • 新資料紹介「横光利一・全集未収録文章「序」(亘千枝『女の生涯』)」(掛野剛史)
  • 第4回研究集会印象記(舘下徹志・浦谷一弘)
  • 第3回大会印象記(杉浦晋)、「横光利一を読む会」活動報告(島村健司)
  • 横光利一ゆかりの地ネットワーク(石田仁志)
  • 演劇批評(岡崎藝術座 演劇公演「春は馬車に乗って」「花園の思想」を観る」(松村良)
  • 新刊紹介(掛野剛史評:宇佐細見読本『横光利一の世界 供
  • 石田仁志評:伴悦『明日に繋げて』)
  • 事務局だより、参考文献目録(玉村周・松村良)

 第3回大会  -大会-
2004年 3月 27日   
青山学院女子短期大学
◇研究発表
  • 中川智寛  『機械』再読
  • 日置俊次  横光利一における『父なるもの』
◇講演
  • 成田龍一  戦時の自画像−『旅愁』をめぐって
◇総会

 『横光利一研究』 第2号 発行  -機関誌-
2004年 2月 28日   

A5版 64頁

 [目次はこちら]


  「横光利一文学会 会報」 第4号 発行  -会報-
2003年 10月 31日   

B5版 10頁

内容
  • 巻頭言
  • 新資料紹介
  • 第2回大会印象記
  • 「横光利一研究」創刊号合評会報告
  • 「横光利一を読む会」活動報告
  • 新刊紹介
  • 参考文献目録


[▲このページのトップへ戻る]
 年間活動計画 

3月 『横光利一研究』発行
3月 大会
6月 会報発行
8月 『横光利一研究』合評会
8月 研究集会
12月 会報発行
※年度ごとに時期が前後することがあります。

 年度期間の記録 
2008年度(2008/3〜2009/2)
2007年度(2007/3〜2008/2)
2006年度(2006/3〜2007/2)
2005年度(2005/3〜2006/2)
2004年度(2004/3〜2005/2)
2003年度(2003/3〜2004/2)
2002年度(2002/4〜2003/2)
2001年度(2001/3〜2002/3)