横光利一文学会
 ■ 活動記録 93

活動の種類 年月日 場所  タイトル  本文

 第4回研究集会  -研究集会-
2003年 9月 6日   
龍谷大学 大宮キャンパス

特集:一九三〇年代の小説および小説論――『純粋小説論』の周辺

◇研究発表
  • 松村良  『純粋小説論』と<四人称>の着地点
  • 鬼頭七美  文章の形式/小説の方法―坂口安吾『文章の一形式』をめぐって―
  • 重松恵美  『純粋小説論』への回答――石川淳『虚構について』の読解
  •   司会: 小林真二・中村三春

◇総会

 『横光利一研究』 創刊号 合評会  -合評会-
2003年 9月 5日   
龍谷大学 大宮キャンパス

 「横光利一文学会 会報」 第3号 発行  -会報-
2003年 4月 30日   

B5版 16頁

内容
  • 巻頭言
  • 第3回研究集会印象記
  • 文学散歩報告
  • 書評
  • 横光利一ゆかりの地ネットワーク
  • 参考文献目録
  • 事務局通信
  • ホームページ開設のご案内

 第2回大会  -大会-
2003年 3月 29日   
早稲田大学 戸山キャンパス
◇研究発表
  • 川上真人  中河与一「恋愛無限」−中河文学におけるジェンダー観の意義−
  • 黄イリ  街の「音」に耳を傾けて−『上海』をめぐって
  • 近藤周吾  横光利一の<都市と農村>
  • 位田将司  『旅愁』という「通俗」
◇総会

 「横光利一文学会 会報」 臨時増刊号 発行  -会報-
2003年 3月 17日   

B5版 8頁

内容

保昌正夫代表追悼文集


 『横光利一研究』 創刊号 発行  -機関誌-
2003年 2月 28日   

A5版 118頁

 [目次はこちら]


 文学散歩: 横光利一ゆかりの上野・柘植を歩く  -文学散歩-
2002年 9月 15日   
上野・柘植

上野高校資料展示室〜上野城〜芭蕉記念館〜横光の下宿跡〜横光公園〜伊賀町歴史資料館


 第3回研究集会 (日本近代文学会東海支部共催)  -研究集会-
2002年 9月 14日   
中京大学 名古屋キャンパス
◇研究発表
  • 宮口典之  渡欧後の横光利一・その一側面−『シルクハット』をめぐって
◇シンポジウム: 戦争とナショナリズム−横光利一を視座として−
  • 田口律男  いかがわしい『旅愁』の<日本>・再考
  • 木村友彦  『旅愁』と<近代の超克>―<近代>超克の<原理>―
  • 柳瀬善治  第二次大戦前後における<回教>をめぐる言説―横光文学の余白に―
  •   ディスカッサント: 沖野厚太郎・黒田大河
      司会: 石田仁志


 「横光利一文学会 会報」 第2号 発行  -会報-
2002年 8月 31日   

B5版 20頁

内容
  • 巻頭言
  • 講演印象記
  • 資料紹介
  • 横光利一ゆかりの地ネットワーク
  • 書評
  • 参考文献目録
  • 事務局通信
  • 編集後記

 第1回大会  -大会-
2002年 3月 30日   
東洋大学 白山キャンパス
◇研究発表
  • 金老亜  愍絣ぁ戮砲ける様々なる<場>の意味−「他者」を「表現」するということ
  • 中村三春  係争する身体−『旅愁』の表象とイデー
◇講演
  • 横光佑典  横光利一―<経済>を見る眼
◇総会

 「横光利一文学会 会報」 第1号 発行  -会報-
2002年 2月 18日   

B5版 16頁

内容
  • 研究集会発表要約
  • 印象記
  • 資料紹介
  • 書評
  • 研究文献目録

 第2回研究集会  -研究集会-
2001年 9月 8日   
同志社大学 今出川キャンパス
◇研究発表
  • 杣谷英紀  横光利一と「唯物論」−結節点としての『眼に見えた虱』
◇特集:横光利一とヘテロ・セクシズムの機構
  • 石田仁志  横光文学における異性愛表象−「鳥」をめぐって
  • 吉田司雄  洋行帰りのピグマリオン−あるいは『春園』の詭計
  • 中川成美  恋愛と友情の弁証法−「薔薇」にヘテロ・セクシズムはない
  コメンテーター: 安藤恭子・飯田祐子
  司会: 田口律男

※特集の内容については、『国文学 解釈と鑑賞』(至文堂 2002〈H14〉年3月号 pp.197-213)に掲載されています。


 第1回研究集会  -研究集会-
2001年 3月 31日   
東洋大学 白山キャンパス
◇研究発表
  • 掛野剛史  『文章世界』投書時代の意味−パラダイムとの闘争
  • 島村健司  『寝園』の表象としての読者空間−清元節「十六夜」引用からの視覚
  • 山本亮介  『純粋小説論』をめぐる一考察
◇準備総会


[▲このページのトップへ戻る]
 年間活動計画 

3月 『横光利一研究』発行
3月 大会
6月 会報発行
8月 『横光利一研究』合評会
8月 研究集会
12月 会報発行
※年度ごとに時期が前後することがあります。

 年度期間の記録 
2008年度(2008/3〜2009/2)
2007年度(2007/3〜2008/2)
2006年度(2006/3〜2007/2)
2005年度(2005/3〜2006/2)
2004年度(2004/3〜2005/2)
2003年度(2003/3〜2004/2)
2002年度(2002/4〜2003/2)
2001年度(2001/3〜2002/3)