横光利一文学会
 ■ 活動予定
   第17回大会
2018年 3月 17日(土)  12:30
日本近代文学館ホール
特集:文化資源コンテンツとしての文学
〈趣旨〉
 メディアが多様化する昨今、コンテンツもまた「多様化」の一語では収まらないほど多岐にわたり、そして大量に生成されてゆく。コンテンツとは一般に、映画、音楽、文芸、漫画、アニメ、ゲームなど、情報財の表現内容を指すが、本企画では、「文化資源」に「コンテンツ」というルビを当てることで、一つのコンテンツである「文学」が資源となって、さらに新しいコンテンツとして広がってゆく動きについて考えたい。
 これまでも、作品の舞台や作家その人のゆかりの地・記念館をめぐる観光資源としての側面、また教科書というメディアにあっては教材としての側面など、文学は一つの文化資源として様々な面を有してきたが、そのような中で、近年興味深い現象として、テクストではなく、作家そのものをキャラクター化し、新しいコンテンツとして立ち上げるような動きも見られるようになった。
 例えば先駆けと言える『文豪ストレイドッグズ』(朝霧カフカ原案・春河35作画、KADOKAWA 二〇一三〜)では、中島敦・太宰治といった名前の知られた文豪をキャラクター化し、それぞれの作品にちなんだ「異能力」によって戦うというアクション漫画であるが、二〇一六年にアニメ化、二〇一八年には映画化と、順調に人気を博し、現在も根強い人気を誇る。その他にも、苦悩する詩人・作家の世界を独特の表現で描く『月に吠えらんねえ』(清家雪子、講談社、二〇一三〜)など、個別の作品が続く。最近人気を集めるゲーム『文豪とアルケミスト』(DMM.com、二〇一六〜)においては、四〇人を超える数多くの作家がキャラクターとして登場しており、太宰治・中島敦といった知名度を誇る作家のみならず、横光利一をはじめ、これまでキャラクター化されることのなかった「文豪」が幅広くラインナップされている。これらのコンテンツは、文学館とのコラボレーション、元となるテクストとのタイアップなど、「文学」との連環を伴いながら、多様な展開を見せている。
 このように、文学が「資源」となるとき、そこにはどのような可能性と問題があるのか。また、教科書的知名度を誇る作家と比べて、横光利一のように接する機会の減りつつある作家は、いかにして「資源」となるのか。あえて、横光利一文学会という個人を対象とした学会から、文学がコンテンツ化するこれらの現象を問い直してみたい。

◇発表
  • 日比嘉高 文化資源となる文学、ならない文学――牴畫造梁辞瓩撚燭できるか
    「資源(コンテンツ)」というキーワードを、ひとまず「文化資源」として捉え、考え始めてみる。文化資源を考えるためには、それを(1)資源化するプロセスとして考えること、(2)資源の価値と同時にそれを支える環境システムもあわせて考えること、(3)だれが何のために資源化するのかを考えること、が必要である。だが近代文学作品が「文化資源」と「なった」のだとしたら、それはいつから、なぜそうなったのか。「なった」作家・作品と「ならない」「まだ」の作家・作品があるならば、あるいは「なりやすい」それと「なりにくい」それがあるならば、それらを分けるものは何か。横光利一の場合は、どうか。
     考察においては、「コンテンツ」という語自体も切り口となる。これは書籍・映像・音楽・ゲームなどの内容を指す語であり、情報サービス業の提供する提供物のことだ。この語の文芸領域への浸潤のプロセスに、現代の文化環境の変化が読めるはずだ。
     「文化資源」言説は地域振興としばしば結託する。この図式を敷衍すれば純文学(とその研究)は過疎地域だという見立てが成立する。今回のシンポジウムは、さしずめ村おこしの会議イベントか。乗るか、背を向けるか。“過疎の村”で、何ができるか。
  • 芳賀祥子 「文豪」を愛するということ――女性読者による文豪キャラクターの受容
     近年、朝霧カフカ原案・春川35作画『文豪ストレイドッグズ』(二〇一三〜)、清家雪子『月に吠えらんねえ』(二〇一三〜)、千船翔子『文豪失格』(二〇一五〜)、ゲーム『文豪とアルケミスト』など、「文豪」をキャラクターとしてコンテンツ化する作品が続々登場している。これまでも、関口夏央・谷口ジロー『「坊ちゃん」の時代』(一九八七〜)や斎藤なずなによる文豪の恋愛を作品化したシリーズ『恋愛列伝』(一九九三〜) など、文豪を作品化したものはあったが、そこでは伝記的に文豪の人間ドラマを描いており、青年誌という媒体の中で、「大人」の読物として展開していたと言える。
     一方、近年の「文豪」をキャラクターとしてコンテンツ化する作品が、主に、男性ではなく、女性によって受容されていることは注目すべきことであろう。彼女たちは、キャラクターとして立ち上がった「文豪」を、架空の存在として愛好するばかりではなく、元となる作品を読み、資料によって実際の文豪の身辺や文豪同士の交流を探り、記念館に訪れ、多層的に「読解」し、時には二次創作という形で各々の読み解いたものを表現してゆくことさえある。このような動きは、何を意味するのだろうか。
    本発表では、文豪をキャラクター化する作品の系譜をたどりながら、その変遷と意義を捉え、主に女性による受容という観点からこの現象を考えてゆきたい。
  • 大杉重男 『文豪とアルケミスト』に「転生」した「文豪」たち――「徳田秋声」と「横光利一」の比較から
     二一世紀も二〇年近く経過し、明治・大正期のいわゆる古典的な「近代文学」は、まだ完全に古典文学になってもいないが、現代文学でもないという曖昧な位相にある。現代の日本人が「近代文学」を読むとはどういうことなのか。「現代」の読者は「近代」との間の文化的距離をどのようにして飛び越え、あるいはその距離自体を消費するのか。この発表では、DMMのオンラインゲーム『文豪とアルケミスト』において二次創作的にキャラクター化された「文豪」たちの中から、「徳田秋声」と「横光利一」を取り上げ、両者の受容のされ方の共通点と差異を比較し、オリジナルの文学史的な「史実」との間の関係を検証して、こうした二次創作からさかのぼってオリジナルの原典がどのように新たに読まれ得るのかについて考えたい。とりわけ漱石や芥川・太宰など、現代でも「生きた古典」として読まれている(と想像される)作家ではなく、現在では「死蔵」されているように見える作家の再生可能性という視点から考察を深めたい。
◇ディスカッサント山岸 郁子
◇全体討議   司会中沢弥
◇閉会の辞
    横光利一文学会代表  柳沢孝子
午後4時終了予定
午前11時より総会を行います。
大会終了後懇親会をおこないます。当日、会場受付にてお申込みください。
 年間活動計画 

3月 『横光利一研究』発行
3月 大会
6月 会報発行
8月 『横光利一研究』合評会
8月 研究集会
12月 会報発行
※年度ごとに時期が前後することがあります。