横光利一文学会
yokomitsu
横光利一 よこみつりいち
1898.3.17-1947.12.30
小説家。本名としかず。福島県生れ。早大除籍。菊池寛に師事し、1923年5月、「蠅」「日輪」で文壇デビュー。24年10月、川端康成、片岡鉄兵らと『文芸時代』を創刊、新感覚派文学運動の旗手となる。「上海」(28-31)は、その集大成。その間、心理主義に触発され、都市流入者の自己喪失を描いた「機械」(30)で、文壇に衝撃をあたえる。渡欧後、西洋合理主義的な知のありように疑問をいだき、日本精神による「近代の超克」を構想。以後10年にわたって「旅愁」を書きつづけるが、未完に終わる。『定本横光利一全集』[16巻補巻1、河出書房新社、1981-99]がある。
 ■ 横光利一に関する情報
横光利一とは
横光利一全集目次
[青空文庫] 横光利一作品
横光利一関連論文データベース
宇佐 横光文学碑
宇佐 横光文学碑
 ■ Link
川端文学研究会
坂口安吾研究会
石川淳研究会
日本近代文学会
昭和文学会